脱毛と綺麗な肌の両立は難しい?肌を傷つけない脱毛について学ぼう!

脱毛処理で肌にトラブルが生じる理由

脱毛処理を受けた部分の肌が腫れたり、毛穴から出血するなどのトラブルに見舞われることがあります。同じ処理方法でも人によって肌や体毛の質の違いから、処理後の状態にも差が生じるのです。敏感肌の人や体毛が固い人は脱毛による肌トラブルに遭いやすい傾向があります。脱毛に用いる道具や薬剤が肌に強い刺激をもたらし、炎症などの不具合を引き起こすのです。体毛の固さについては、固いほど毛穴の周りの表皮が引っ張られやすくなるのが理由です。また、固い体毛は毛根から引き抜かれる際に毛穴の内部を傷つけることがあります。その傷に細菌が入り込んで炎症を引き起こし、発疹のように腫れてしまうのです。

丁寧なスキンケアが綺麗な脱毛のコツ

脱毛で肌を傷つけないためには毛穴を大きく広げ、体毛を抜き取る際に余計な刺激を与えないのが効果的です。脱毛用の薬剤は表皮を柔らかくして毛穴を拡大させる成分が含まれています。また、脱毛時の刺激を緩和させる効果もあるので肌を傷つけずに脱毛処理を行うのに最適です。薬剤の成分が肌質に合わない場合は高温の蒸しタオルで表皮をふやけさせるのも効果的な方法ですが、脱毛処理に時間がかかると表皮が冷めて毛穴が縮んでしまう点を注意しなければいけません。脱毛後も傷ついた肌を労わるために、保湿効果がある化粧水などを塗布して肌をガードするように心がけます。冷水や熱水による刺激も脱毛直後の肌には良くないので、体温と同じ温度に調節したぬるま湯で洗うのが良い方法と言えます。

大阪の脱毛クリニックは雑居ビルなどに点在しており事前にネットで検索するなど所在地を確認しておきましょう。